2017年04月21日

温かな社会を

ありがとうもごめんねもお疲れさまも…何かを感じる感受性があるから言えるんだと思う。素直な心があるから口にできるんだと思う。社会が効率化しすぎて、大切なものを忘れがちになってる気がする…そう、器用に世渡り上手な人がスイスイと効率的に生きてく。でもね…その場ではそう見えても、心が温かい方が最後は幸せに感じて生きていけると思う。ほんとにそう…もう少し温かい社会になるといいのにと感じる。同情とかいらないけど、人と人とが相手の気持ちを受け止めてそっと寄り添って生きていけるような社会。そんな社会を社会の一員として、大人の一人として次世代に残していけるように。
posted by Takahata at 01:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
温かい気持ちで人と接するのは大切である。損得なんて関係なく相手と思いやる心が人を幸せにできると思うしそういうことがたくさん増えればきっと素晴らしい社会になる。
Posted by つちー at 2017年04月21日 05:57
素直な心は持っていたいし、相手の気持ちを受け止めて寄り添える人間でありたいと思う。そこに自己満足という自分勝手な欲は出してはいけない。
Posted by スポG at 2017年04月21日 16:19
挨拶に始まり、挨拶に終わる。挨拶がきちんと出来る人は、信頼されますね。また、感謝の言葉や労いの言葉が、自然と出て来る人は、周囲との関係も良いでしょう。言葉は、人をつなぎますね。
Posted by 小田辺 at 2017年04月22日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449196269
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック