2017年05月13日

弱さを越えて

自分の弱さから目を背けても、その弱さは常に自分にまとわりつき、常に自分を追い詰めていく。誰だって弱さはある。弱さは恥ずかしいことでも何でもない。弱さがあるなら、その弱さを直視して正面から向き合ってみるといい。そして乗り越えていけば、弱さは逆に大きな強さへと変わる。弱さは成長の種。弱さなんてない人間なんていない。でも弱さを強さへと変えていく人間はいる。弱さから逃げ回っていたって何一つ変わらないのだから。毎回その弱さに足を引っ張られるのなら、覚悟を決めて立ち向かってみたらいい。立ち向かう相手は他の誰でもない自分の中にあるのだから。誰も見ていなくても、他でもない自分はそうした自分自身を見ているのだから。
posted by Takahata at 00:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分にも弱さはたくさんあるがそれを克服する為には弱さから目を離してはいけないと思う。大人と子供のように目を離したら子供は勝手にどこかにいってしまう。弱さも子供だとしたら目を離したらどこかで出てきてしまう。しっかりそこに目を向けて弱さが出なくなるまで見ておかないといけない。
Posted by つちー at 2017年05月13日 06:23
目をつぶってきたことは、結局何年か経って自分に返ってきてるように思う。だから、目をつぶりたくないと思う。日々に追われていく中ででも、しっかりと立ち止まり確認し、物事に対して向き合って、自分の不注意から起きる防げるミスは自分で減らしていく。
Posted by スポG at 2017年05月13日 09:05
弱さを克服するのは、自分との闘いですね。逃げていても、後日同じ場面に遭遇するでしょう。どこかで向き合わなければいけないなら、早い方が良いですね。早めに挑戦すれば、失敗しても改善のチャンスもあるし、巻き返しが可能ですね。
Posted by 小田辺 at 2017年05月13日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449832136
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック