2017年05月17日

役割を果たす

誰にも役割がある。チームの中で自分が何をすれば自分も活き、チームも活かせるのかをしっかり認識する。誰もが自分の納得できる役割ではないだろう。でもそれに徹していければ、自分のチームの中での存在意義を見出だしていけるだろう。役割に上も下もない。どれも必要な役割。そんなチームは強い。そんな役割にお互いが感謝の思いを持てていれば、さらにチームの繋がりは強固なものになっていく。主役だけではチームは成り立たないし、主役が偉そうにしていてはチームは見えない部分で崩れ始めていく。脇役もどうせ自分は脇役だといじけていては力を出し切れない。大切なのは主役も脇役も自分の役割の中で輝いて、全員が役割のヒーローになることだと思う。
posted by Takahata at 00:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の役割は絶対にある。そこに全力で力を注いでいけば絶対にチームの力になる。なんでもやろうとすると中途半端に終わってしまうこともあると思う。なにか一つでも輝けるものを作ってそれを磨き続ける。
Posted by つちー at 2017年05月17日 07:33
なりたい役割でなくても、その役割には必ず自分自身に意味がある。その意味が実力なのか時期なのか人なのかチーム事情なのか‥その意味や理由を探すよりも、果たすことを考えたい。全て自分の考えが正しい訳でもない。チームは1人じゃ成り立たない。1人1人の集合体だからこそ、役割に軽いというのはないし自分にしかできないチームへの貢献をして欲しいと思う。
Posted by スポG at 2017年05月17日 22:56
高畑さん、毎日拝見して元気や気付きを頂戴しています。

本日のblogは「お互いに感謝の気持ちを持って」と「全員が自分がヒーローと思う」が肝と感じました。

お互いの感謝の気持ちと、尊敬の念を持つこと。周囲の中で自分が果たすべき役割を認識した上で、自分に自信を持って取り組んでいきたいと思いました。
Posted by iichyan at 2017年05月17日 23:24
自分がやりたくない事でも、役割として与えられたら、やってみることですね。面白さに気付くかもしれないし、遣り甲斐を感じるかもしれません。チームの中にも会社にも「役割」は存在しますね。
Posted by 小田辺 at 2017年05月18日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449953778
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック