2017年07月02日

できないことを…

できないことがあるのを嘆く選手がいるが、できないことはその選手の伸びシロ。マイナスに捉えずにプラスに捉えていきたい。できないと嘆き、諦めてやろうとしないことこそが本当の意味で嘆くべきこと。まだできないことがあるからこそ練習に意味が生まれ、自分自身の上達にも期待を持てるのだから。そもそも簡単にできてしまうようなことには何の面白味もないだろう。簡単にできてしまうなら練習なんて全く必要でなくなる。難しいから面白い。難しいからなかなかできない。それをできるようにしていくのが練習だ。そんな気持ちがあれば、できなかったことが小さいことであってもできるようになることに楽しみや喜びを感じられることだろう。できないことがあるからこそ、人間はできるようになってみたいと思えるのだから。決してそれは悲観すべきことでは何もない。できないことがあるからこそ、人間はその何かをやり続けていくことができるのだから。大いに楽しんで挑んでいってほしい。
posted by Takahata at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出来ないことを出来るようにすることは楽しい。でもやりたいことであるということが条件である。やりたいことならそこに労力をかけても構わないしむしろそこに熱を注げるのが楽しい。
Posted by つちー at 2017年07月02日 15:04
そう思う。近年はできてなかったことを出来るように自分と向き合ってきた。そして出来るようにするために工夫した。今は出来てることを伸ばすことをしていきたいと思うから、もっともっと考えていかなくてはならないと思っている。
Posted by スポG at 2017年07月02日 17:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック