2017年07月05日

伝統との付き合い

伝統を大切にすることと、伝統に縛られることとは別の問題。過去にこだわって変化を拒絶していると、弊害ばかりが際立って時代から取り残されていく。伝統を守るために大切なのは、まさしく温故知新。伝統の本質は大切にしながらも時代に合わせて伝統も進化していかなくてはいけないだろう。伝統は重いものだが、過去にだけ縛られてしまうとその重さに押し潰されてしまいかねない。常にブラッシュアップして余計なものは削ぎ落としたり磨き上げたりしていかなくてはいけない。
posted by Takahata at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
強くそう思う。伝統は守るべきものだが、縛られてはいけない。大切なものは残しつつ、今の時代に合ったことをしないとバランスが崩れてしまう。自分の考え方に対しても同じことが言えると思う。
Posted by スポG at 2017年07月05日 23:35
伝統を守ることは大切だがそれに縛られたら苦しいだけだ。先人達の意志を引き継ぎ自分の形で戦っていくことが大切だと思う。
Posted by つちー at 2017年07月06日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック