2017年07月18日

熱い夏

悔し涙…最後の夏の熱戦を繰り広げた後の涙。今は何も考えられないかもしれない…しかし、三年間かけてきた情熱や描いた夢は決して色褪せないだろう。何年経っても暑い夏を迎えた時に、ふと熱い想いが甦る。遠い日の打球音、仲間達の大声が心の中で聞こえる。二度と戻れない夏。人生で一番熱かった夏。何故にあんなに夢中に懸命になれたのか…苦しくて辛い思いもさんざんしてきただろう。それでも大きな夢を胸に抱いて貫いた三年間。今は気づかないかもしれないが、後になってこの三年間が、共に過ごした仲間が、そして抱いた熱い想いがいかにかけがえのない人生の時間だったかがじわじわと分かってくる日が来ることだろう。
posted by Takahata at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懸命に打ち込む姿を見ると人の気持ちを動かしてしまう程、大きな力を持っている。思う結果がでなくてもやってきたことを自分が認めて胸を張っていってほしい。懸命に打ち込んだその行動と想いは自分の人生に無意識の中でも大きな影響がある。感動をありがとう‥と心から思う。
Posted by スポG at 2017年07月18日 23:51
良いことなんかほとんど無かった高校時代だが今となっては全てが良いことだったと思える。悔しくてどうしようも無かったがあの時貯めたエネルギーが今となって使われ始めている。悔しさとか苦しさとか一見マイナスのように思えるが実はとてつもなく大きなエネルギーがあるように感じる。それをどう使っていけるかが人生を大きく変えていくような気がする。
Posted by つちー at 2017年07月19日 09:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック