2017年07月20日

遅咲きでも

花にも早咲きも遅咲きもあるように、人にも個々に花開くタイミングみたいなものがあるのかな。大切なのは蕾の時期。しっかりエネルギーを蓄えてタイミングを待つ。諦めることなく、花を全開にできるようにその準備には念を入れたいもの。蕾を腐らせないように。花開く自分を信じて。焦って無理に花を開かせても中途半端な開花なら輝きは失われてしまう。人間も全く同じだと感じる。周りが開化したからと焦ったり諦めたりせずに、じっくりと準備をしておくこと。遅咲きだって構わない。しっかりと力をつけて自分なりの全開の花を咲かせられるなら。周りに振り回されずに自分に対してしっかりとした意志を持ってタイミングを待つこと。誰もが同じではない。個々の花、個々のタイミングがある。チャンスは機が熟した時にふいに巡ってくる。そのチャンスに開花できる準備だけは決して怠らないこと。
posted by Takahata at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
必ず開花できると信じている。元々はそんな風に思わなかったが今となって分かった。それは花咲くまで諦めずにやり続けることでどんなに苦しくても辛抱して花を咲かせる準備をする。そうすれば花は必ず開花する。
それでも咲いた花は散っていくのだがまた新たな花を咲かせればいい。
Posted by つちー at 2017年07月20日 08:23
準備がどれだけ大切かを何事においても感じる。準備を万全にしておくからこそ、何かが起きたときにも対応できる気持ちのゆとりがある。自分を信じてその時を焦らずに待つこと。周りからの影響によって自分が見えなくなることは避けたい。
Posted by スポG at 2017年07月20日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック