2017年08月03日

明確な答えを

苦しかったり辛かったり、それで部活をやめたくなる…その時こそ、改めて自分がそれを本当にやりたいのか?自分は何を求めているのか?など自問自答する最大のチャンス。もともとは楽だからやりたいと思ったのではないはず。自問自答して出した答えは苦しさや辛さを乗り越えていく大きな力になる。誰かが無理矢理引き止めることでもなければ、考え直させることでもない。あくまでも続けるか辞めるのかは自分自身の問題だ。ただ苦しさや辛さから楽になりたいからその場を逃げ出すというのは良くない。自分の心の中でしっかりと自問自答してみること。しっかりと向き合って、目をそらしたり誤魔化したりせずに自問自答すること。やめたいくらいに追い込まれた時こそが真剣に自分自身と向き合う最大のチャンス。漠然とやっていては何となくそれなりにやっていってしまうことだろう。考えることなく時間が流れていってしまう。自分の答えを明確に持っていれば、苦しさや辛さにも立ち向かっていけるだろう。
posted by Takahata at 00:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今は苦しいことや辛いことがあっても超えた先には心躍るようなことが待ってると思っているから頑張れる。でもそれがなかったらやる必要がないと思う。自分の求めるものの為にエネルギーを注いでいく。
Posted by つちー at 2017年08月03日 06:46
部活動で辞めたくなる理由が、自分の技術的なことなどで辞めたいと感じるのなら、それはよく考えなくてはならない。他の理由で悩んでいたとしたら、それは自分と向き合いながらも、自分以外の人に話を聞いてもらい意見を聞くことも必要。辞めることよりも続けることのほうが難しいが、前者ならばそれは自分だけではないことを思って仲間と共にやり抜いてほしいと思う。
Posted by スポG at 2017年08月04日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。