2017年10月06日

苦しみを楽しむ

苦しさを楽しめる人もいる。それは苦しさを乗り越えた先の自分の進化した姿が想像できるから。苦しさが楽しみなのではなく、進化した自分に出会える楽しみ。苦しさを単なる苦しみと捉えるのではなく、自分自身の糧として捉える。そんな人は苦しさとの勝負ではなく、弱い自分と真正面から勝負できる。苦しさから逃げるのではなく、しっかりと立ち向かえる。楽をすることが楽しいのではらく、自分自身の進化を楽しむ。そのための今の苦しみだとしっかりと認識できている。だからこその苦しみを楽しむことができている。
posted by Takahata at 00:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乗り越えた先に何があるのか見たいから苦しみは通過点に過ぎない。この苦しみを乗り越えないと楽しさはない。超える苦しさが大きいほど楽しみ喜びも大きい。
Posted by つちー at 2017年10月06日 06:51
最初の受け止め方から違うのかもしれない。自分はまだどうしても最初に拒否のようなことを感じる。しかしそれは自分の為であると言い聞かせて苦しみを受ける。まだまだ自分に余裕が無いことを感じている。
Posted by スポG at 2017年10月07日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。