2017年10月09日

人生

試合の勝ちは人生の勝ちではないし、試合の負けは人生の負けではない。それは人生の時間の一部である試合に勝った負けたというだけのこと。試合で勝つ=人生の勝ちではない。選手にはしっかりとした人間としての人生を力強く歩んでほしいと感じる。勝って人生を驕るでもなく、負けて人生に悲観し駄目の烙印を押すでもなく。試合の勝敗では揺るがない自分のしっかりした人生を歩んでもらいたい。生き方。そう、自分自身の人生の生き方。生き方は試合での戦い方。そんな戦い方ができたなら、試合は勝っても負けても関係なく人生には胸を張って生きていけるだろう。胸を張って生き、胸を張って戦えばいい。
posted by Takahata at 02:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
試合の負けが人生なら自分の人生は終わっている。成功や失敗から何を得ること。その為にまず挑戦することや挑戦するまでの過程が大切になる。
Posted by つちー at 2017年10月09日 19:34
負ける度に勝負に背を向けられているように思うが、人生ここで終わりではない。勝ち続けることも負け続けることもずっとは続かない。その結果が自分を見つめ直す練習を考え直す機会として前に進んでもらいたい。
Posted by スポG at 2017年10月10日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。