2017年12月08日

練習の成果

練習の成果を計るのは、苦しかったかどうかではない。与えられたメニューをこなせたかどうかではない。叱られたかどうかでもない。当たり前だが、上達したのかどうか。この当たり前を見失うと、やって満足の練習になる危険がある。自分のためではなく、他人を満足させる練習になる。練習は他ならない自分のためにやるもの。「苦しい中、与えたメニューをよくこなせたぞ!」という誉め言葉をもらうためにやるものではない。逆に他人からは評価されなくても、自分が「今日は自分の中で何かを掴んだ!」と納得できる練習をしていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
練習する際は試すことを決める。それに対して良かったのか悪かったのか、どう良かったかなぜ良かったかその逆の場合も一緒で評価する。何も掴めない練習はしても意味がないと思う。
Posted by つちー at 2017年12月08日 07:57
強くそう思う。練習は上達する為にやっている。自分の身体と心で対話しながら自分の持っている力を出す引き出しを増やしている。自分が辛かったり苦しいからと言って誰かのせいにしたり責任転嫁してはいけない。
Posted by スポG at 2017年12月08日 09:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。