2018年01月07日

難題

平等という言葉は難しいし、平等な指導というのも難しい。そもそも平等の定義を何を以て平等というのか、何を平等の目的にするのかでも違ってくる。あらゆる選手に最低限の能力や技術を身につけさせるのが、仮に指導者としての役割だとするならば、基礎的な部分に欠落がある選手がいたなら、その選手に特別に時間と手間をかけるのは、贔屓でも何でもないと思う。そうやって、本当に実力が拮抗した平等を作るためには、全員一律の指導カリキュラムだと全然不十分になってしまう。たぶん、これが実力の底上げの平等になるのだろう。しかし、指導者に手間ひまかけてもらえるという点では時間もエネルギーも不平等になってしまうだろう。仮に指導者が誰に対しても平等に時間とエネルギーを注いだら、できるようになる選手は伸びて、そうでない選手は伸びないという実力の格差という不平等が生まれてしまうのだろう。一言で平等といっても非常に難しい。一方の平等を取れば、もう一方には不平等という結果があるのだから。
posted by Takahata at 00:58| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
平等なプロセス、平等な結果、一律ではないと思いました。リーダーとして、メンバーを育成する際には、全てにおいて、バランス感覚が、大切になるのではないかと感じました。
Posted by 蒼島 at 2018年01月07日 07:06
その選手の持っている力を引き上げることが指導者の役割だと思う。全員一緒だけでなくその選手が一番輝ける場所と能力を気付かせ導くことが大切なのかもしれない。
Posted by つちー at 2018年01月07日 10:34
強く共感する。不平等と感じることがあるのなら感じる側が幼い可能性もあるし平等という言葉の理解をさせなくてはならないと思う。感情的な嫉妬も含むと厄介になる。平等という言葉は使いやすくもあり皆の理解を得やすいものではあるが、意味合いが複数あるからこそ、お互いの理解に差を生みやすいことも言える。
Posted by スポG at 2018年01月07日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。