2018年01月08日

切り拓いて

誰もが強豪校でやれる訳ではないし、恵まれた環境でやれる訳ではない。ないない尽くしの中にあって、様々な『ない』を理由に無理と諦めたくはない。ないならないなりに発想を変えたり、工夫したりしていきたい。ないなら、言い訳をするより、代わる何かを積極的に生み出していきたい。そりゃあ、あるある尽くしの方が目指す目標への近道の可能性が高いことは言うまでもないだろう。しかし、近道に乗れなかったから目指す目標に絶対に届かないとも言えない。遠回りになるかもしれないし、道なき所に新たな道を作っていかなくてはならないかもしれない。今、自分が身を置いている環境の中で諦めずに切り拓いていくことが大切になるだろう。少なくてもその環境を選択したのは他でもない自分自身なのだから。
posted by Takahata at 00:24| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今ある環境でどう生きるかを考えたい。ダメだと思えばダメになるしできると思えばできる。考え方次第で形は変えられる。絶対。
Posted by つちー at 2018年01月08日 08:31
自分は絶対に間違っていない!という確信は時に人間付き合いを苦しくすることもある。貫く強さを持っていることも大事だが、仲間との『輪』もスポーツをする中では必要となる。それは自分に妥協するという意味ではなく、疑問や自分の中にない新しいものを受け入れるという心の器を育てるということ。自分が変わることを念頭におかないと、いつまで経っても屁理屈を並べる幼稚な大人になってしまうと思う。
Posted by スポG at 2018年01月08日 17:34
恵まれない状況からでも、勝利を勝ち取る中に、人を感動させる何かがある。感動の視点からは、恵まれた環境のチーム(組織)より、恵まれていると言えるかもしれません。
チャレンジャーなら、できない言い訳ではなく、できる言い訳を、思考回路に習慣としたい。
Posted by 蒼島 at 2018年01月09日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。