2018年01月19日

思考力と感受性

本や人の話などもそうだが、頭で考えて読み取るものもあるし、心で感じて読み取るものもある。思考力と感受性。このどちらの力も大切だと思う。時には、このどちらの力も交互に使うこともあるだろう。感じたことを、じっくりと考えたり…考えたことを十分に感じてみたり…この作業をすることで、思考力や感受性はどんどん発展性が生まれてくる。本にしても、人の話にしても、単に言葉を字ずらを追いかけているだけでは、何も生まれてこない。それでは、一を聞いて一を知るで終わってしまうだろう。一を聞いて十を悟る。言葉から何を考えるか、感じるかで差は出てくる。
posted by Takahata at 00:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見たり聞いたりして終わるのではもったいない。それを考えて試してみてはじめて自分の中に落ちてくるものだと思う。思考力、感受性が一つのことを膨らませてくれる。
Posted by つちー at 2018年01月19日 10:06
そう思う。言葉から言葉の意味や本人の背景を読み取らなくてはならない。限られた情報だけれども、情報の塊でもある。もっともっと人に興味を持ち、小さな情報と思われるものも拾っていきたい。
Posted by スポG at 2018年01月19日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。