2018年01月24日

無限の

「スカイ・イズ・ザ・リミット」素敵な言葉だなぁ!空が限界。つまりはどこまで突き進んでも限界はない。空を見上げて、雲が浮かぶ場所が空だと思っていても、飛行機で雲の上にいけば、その上には更なる空が広がる。ロケットでさらにその先まで行こうが、さらなる無限の空間が広がる。その場所に行かなければ見えないし、知ることもできない世界。終わりのない世界。競技を続けていく中で、選手である限りは、その競技を終えるその瞬間まで、スカイ・ イズ ・ ザ・ リミットなのだろう。さらには人生すら人間である限りはその生を終える瞬間までそうなのだろう。そう考えると、どこまでも終わることのない世界を有限な時間の中で行けるところまで、とことん行ってやろう!!というワクワク感が湧き上がってくる。
posted by Takahata at 01:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワクワク感を失って欲しくないと思う。指導者やコーチはワクワク感を教える為にいるわけではなくて、あくまで競技の能力アップの為にいる。ワクワク感は自分で感じ、自分で見つけて、自分で探してより楽しむきとが大前提に思う。
Posted by スポG at 2018年01月24日 16:15
ここで打てなかったら終わり、ここで負けたら終わりではない。まだまだ先がある。目標まで向かう道で何を得たものをまた目標の先で生かす。その繰り返しは死ぬまで続く。いや死んだ後も続いているのかもしれない。
Posted by つちー at 2018年01月25日 09:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。