2018年01月26日

no-title

どこの料理職人が自分の大切にしている包丁を弟子に研がせるか…自分の持ち場を弟子に片付けさせるか…選手も同じ。自分の道具は自分が念入りに整え、自分のグランドは自分が率先して丹念に整備する。何かあっても自己責任。選手はプレーをする職人。最高のプレーをする環境は自分が整えて準備する意識が大切。やらされるからやるのでも、やらなければいけないからやるのでも、やるように教わってきたからやるでもない。大切にしている物だし場所だからこそ、やりたいからやる!!これなんだと思う。職人としての自分自身が輝きたいからこそやる。選手はもっと自分自身が職人である意識を高めていきたいものだ。
posted by Takahata at 23:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分がやらないと不安だし安心できない。大事なことだからこそ、自分で確認したいし、責任が持てるように思う。職人だからこそ、育てることと自分でやることははっきりさせておきたいものに思う。
Posted by スポG at 2018年01月27日 00:50
自分のテリトリーは自分でやらないと不安になる。自分が見ないと変化に気付けないしなにより自分の道具とか場所は彼女とかと一緒であまり触れられたくないもの。
Posted by つちー at 2018年01月27日 05:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。