2018年02月05日

練習は

毎日の練習はどんな好きな競技でも飽きがきやすい。そもそも人は同じ刺激が続くと飽きる生き物だから。だからこそ練習の内容や練習に取り組む意識が大切になる。漠然としたものをどんどん明確化させていく。また巧くならないと嫌になるのも人間。そのためには巧くなれる意味ある練習をしていくこと。漫然と長く続けていく中で飽きてきて、さらには苦しいだけで巧くなれないとしたら、そりゃあ、競技をやめたくなってしまうかもしれない。だからこそ、本当に日々やっている練習の一つ一つを見つめ直していくことは本当に大切なことだと感じる。今までこうやってきたから、とか、練習とはこういうもんだという思い込みを一回壊して、改めて考え直していくのもいいのかもしれない。
posted by Takahata at 00:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じ練習でも意識するとかを変えるだけで練習の質も上がるように思う。だいたい練習メニューは変わらない。変えられるのはどう考えてその練習をするのか。それで結果は変わる。
Posted by つちー at 2018年02月05日 10:04
そう思う。自分のこういうものだ!という思い込みが自分を苦しくさせ思考の広さを狭くさせて縛ってしまう。固定概念ではなく固着観念となってしまう。だからこそ、身体も心も柔軟でありたいと思う。
Posted by スポG at 2018年02月05日 18:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。