2018年02月12日

プレーの危機感

ミスの連鎖は不意に起こる。普通に何てことのないプレーに対して当人も、周りの選手も一瞬気が緩んだりする。頭ではいかなる状況に対してもフォローアップしようと準備はしている。しかし、普通の何てことはないプレーでミスが生まれてしまうと、他の選手も一瞬思考が固まってしまう。そして急にフォローの役割が回ってくると急に焦ってしまう。するとそこでもミスが起こり、さらに後になるほど焦りは大きくなりミスの連鎖に繋がっていってしまう。プレーに絶対はないし、プレーが安全なんてない。だからこそ常に何が起きても対処していける危機感は大切に持っていたい。
posted by Takahata at 01:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どんなプレーも簡単とか難しいでなく、こういう打球に対してこう処理するというふうに考えていかないとほころびが生じやすい。打席に立つときもこの投手は余裕だと思って入ると打てないことが多いがこの投手はこう打つと決めてはいったときはだいたい打てる気がする。
Posted by つちー at 2018年02月12日 08:00
そう思う。起こりうる可能性を全て想定、把握していたいと自分は思う。起こることは1つでない。外見や見た目で予想という名の思い込みを自分が想定しないようにしたいと思う。そう思うと視覚の情報からのミスの連鎖もそうだが、視覚からの情報だけで自分は判断しないようにしたいと思う。
Posted by スポG at 2018年02月12日 12:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。