2018年03月08日

頭と行動のバランス

頭を使わずにやれば、それは単なる行き当たりバッタリの行動になる。では、頭を使うばかりで行動に何一つ移せなければ何の成果も出していけない。大切なのは考えながら行動する。行動しながら考える。やる前に考えて考えたことを行動に移して、また考えて…を繰り返していくこと。頭を使わずに毎回毎回成長の見えない行動ばかりでは成果どころか人間的な成長さえ導き出してはいけないだろう。頭ばかり使って自分で勝手に不安や恐怖や心配を作り出して身動きが取れなくなってしまうと、行動がないから失敗もなければ成功もない。ただ架空の空想や思考の中で生きてるだけの人間になってしまう。頭と行動のバランスはとても重要になってくる。
posted by Takahata at 00:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どちらかに偏ったらよくない。少し考えて行動してまた考えるそんな繰り返しができるようになってきたと思う。かつては行動だけに偏っていた時期もあったがそれではわけのわからない失敗が多かった。
Posted by つちー at 2018年03月08日 07:59
答えが明確にあるものは正誤判断ができるが、答えが人によって変わるとしたら、答えを導くのに何通りかの答えが必要になる。どれが答えか分からないから考えるし、答えが分かればそれが正解なのだと分かる。もう少し相手を観察し、もう少し考える必要が自分にはあるのかもしれない。競技については、今は絶対的な量が足りないと感じるからこそ隙間時間を使って補っていきたい。
Posted by スポG at 2018年03月08日 11:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。