2018年04月09日

目に見えないミス

表示されるエラーはミスによるもので、どんな一流選手でも必ずミスはある。これは人間である以上仕方がない。問題は表示されないエラー。ヒットの表示になる。これは選手の実力の問題になる。ヒット性をどれだけ潰してアウトにできるのか…ここはミスではない分だけ一朝一夕にいかない難しさがある。ミスに見えないミス(実力)ほど怖いものはない。下手をすると本人もそのことに気づけずに流してしまう可能性もある。気づけなければそこで満足してしまい、自分の実力の範疇でミスがないことで自分は優れているんだと勘違いを起こしてしまいがちになる。ある意味目に見えるミスは分かりやすくていい。満足することなく自分自身をどこまでも高めていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小さなミスでも流してはいけない。それがいつか大きなミスとなって帰ってくる。ミスだと気づかないミスは必ずあると思うがそういうのを見逃さない力も必要。
Posted by つちー at 2018年04月09日 17:25
きっと自分でミスを認めなくても、本当の自分は気付いていて、どこか引っ掛かって頭に残るように思う。それは正当化しようとして差異が生まれ、罪悪感や否定したい感情が渦めくもの。自分の本当の心の気持ちを隠すことなく、ミスを認めて向き合うべきに思う。その積み重ねが、日常生活から1プレーを変えていけるように思う。
Posted by スポG at 2018年04月09日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。