2018年04月21日

引っ張り上げる

人間誰もがいつも調子がいいということはない。また誰もがいつも調子が悪いということもない。調子の悪さというマイナスのエネルギーは仲間をその渦に引き込んでいきやすい。だからこそ、調子の良い人は必要以上にプラスのエネルギーで仲間を引き上げていく姿勢を示さなくてはいけない。ましてやそもそも影響力のある人間の不調の時のマイナスエネルギーはかなり大きなものがある。そのマイナスの連鎖に引き込まれてしまわないように調子の良い人は必死にプラス方向に引っ張っていかなくてはいけない。その先に調子が良い人も不調になる時がある。その時には今不調で苦しんでいる人が立ち直って、今度は逆に好調のプラスエネルギーでグイグイ引っ張る。組織内でこのように交互に助け合っていかなくては、みんながマイナスに陥り不調の伝染が起こってしまう。プラスに引っ張るのは大変だが、それは好調の誰かが先陣を切ってグイグイいくしかない。元気と明るさで。
posted by Takahata at 00:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全員が不調ということはなかなかない。調子の良い誰がが引っ張ることは絶対に必要なことだし不調の人も不調な時こそ何ができるのか考えてできることを全力でやることでチームの士気は上がっていく。
Posted by つちー at 2018年04月21日 07:47
共感します。ちょっとしたことで殻を破れることもあるし、殻に入ってしまうこともある。仲間のことを感じ取れて動ける人間であってほしいと思う。その動くはただ動くのではなく、仲間が必要とすることを察して動くということ。もがいて、もがき苦しんでる姿を笑ったり悪く思うのではなく自分にも起こりうることだからこそ、仲間でありたいと思う。
Posted by スポG at 2018年04月21日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。