2018年04月22日

休養日

練習を一日休むと取り戻すのに三日かかるって言われてきたけど…そんな言葉が選手に休養を取る不安や罪悪感を与えてはいないだろうか。疲労を溜め込み、疲れた心身で練習する方が練習の成果も落ちるように感じる。練習の効果的な方法を考えるのと同じくらい休養の方法も考えることは大切だと感じる。不安や罪悪感を感じながら、心は真の休養を得られるとは思えないし、遊び回っていては身体だって更に疲労する。選手にとっては、単に休養は休日ではない。次の日にベストパフォーマンスを発揮するための心身の調整の一日。そう考えたら休養日はとても大切な一日ではないだろうか。
posted by Takahata at 00:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
休養日は心身ともにリフレッシュしないといけない。質の高い練習をするには質の高い休養が必要になる。でも休養を遊びまわったりして練習に影響が出るならそれは休養とは言わない。最高のパフォーマンスをするための休養であるから休養も練習する必要があるかもしれない。
Posted by つちー at 2018年04月22日 06:06
そう思う。休むイコールサボるではなく、休むイコール身体や心のメンテナンスをするという認識でありたい。不安から疲労させて時間を使うより、不安からあえてじっとして休息させる方が効果的だ。休むことは罪ではなく自分の身体に意識を向ける大切な時間なのだと忘れてはいけないことに思う。
Posted by スポG at 2018年04月22日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。