2018年04月24日

過程

失敗と妥協は違う。全力を尽くしての失敗は次に何かしら繋がっていく。しかし妥協してのそこそこの成功は、本当にその場限りで終わってしまう。目先では失敗と成功と結果は分かれるが、そこに至るまでの過程の違いが今後を大きく左右していく。また目先の成功がその先の成功と必ずしも繋がらない場合もある。例えば野球のゴロ捕球にしても極力後ろの方で守り、チャージをかけずに待って捕ればエラーは少ないだろう。しかし、積極的に前方にチャージをかけていけばエラーをする確率も上がる。前者は捕球ミスはないかもしれないが送球が間に合わずアウトにできないかもしれない。後者は捕球ミスは起こるリスクはあっても送球が間に合わないということはない。何を最終的な成功とするのかで、そこに至るまでの過程が違ってくる。それはスポーツに限らず何事においても言えることだろう。
posted by Takahata at 00:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結果を気にし過ぎると結果を出す為の過程がしっかりしなくなる。練習で成功した感覚を試合でも同じようにやることそこを意識することで結果に繋がっていく。アウトに取ることもヒットを打つことも結果に対して何が必要なのか考えることで過程が自ずと導き出される。過程を作る段階では積極的にやって失敗する分には成功に等しい。その積み重ねで自分の結果を出す為の過程が作られる。
Posted by つちー at 2018年04月24日 07:54
過程がどうであるのか‥これは非常に大事なことである。リスクはどちらもあるが、積極的に挑戦する気持ちを忘れずにいたいし、早めに対処すれば時間で調整できることもあると考えている。自分を守るプレーより自分をいい意味で壊してうまくなって欲しいしそうでありたいと思う。
Posted by スポG at 2018年04月24日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。