2018年04月25日

与える

何を失ったかを考えるより何を得たかを考える方がいい。でも、自分が誰かに何を与えられたかを考えていきたい。与えることは失うことではない。自分が与えたことは誰かの心の中に生き続けていく。それは同時に誰かとの喜びや感動の共有という形で誰かから自分に与えられる。与えることは同時に与えられている。損得勘定ばかりにとらわれてしまうと、人から得ることばかりになってしまう。敢えて自分が心を開いて与えていくようにしていきたいと思っている。それは人生を豊かにしてくれるから。それは自分という存在の意義が強く感じられるから。
posted by Takahata at 00:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
与えることで相手の中で自分の何かが生きれば素晴らしいことだと思う。今自分の中には色々な人の想いが生きている。本当にたくさんあってこれからも更に増えていくことだろう。またそれを伝えていければ自分が生き続けると同時に先人たちの想いも生き続けていくことになる。
Posted by つちー at 2018年04月25日 08:32
そのように心の広い人間でありたいと思う。まだまだ出し惜しみしていたとしたら自分が小さいし、もっともっと与えられる人間になりたいと思う。これからどんな人生を歩んでいくかは分からないが存在意義を感じられる人生や人に必要とされる人生でありたいと思う。
Posted by スポG at 2018年04月25日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。