2018年04月28日

的確に

野球の試合で投手が投げる球数は100球前後。その全てに最大の集中を求めるのは難しい。対戦する打者に対してもそうだ。状況によってその何人か、と、その何球かは得点に絡む最大のポイントになる。そこで最大の集中をできるのがエースと呼ばれる投手。肝心な所で絶対に失投しない心の強さと集中力。どれだけ99球抜群のボールを放っても、たった1球の失投で負けてしまう可能性もあるのがスポーツ。だからこそ怖くもあり、だからこそ面白くもある。ここぞ!という時に自信のあるボールをズバッ!と平然と投げ込めるようなスポーツや人生にしていきたいものだ。
posted by Takahata at 01:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝負どころが分かっていて勝負どころで勝負できる選手は良い選手だと思う。抜くとかは抜いてここぞというときにギアを入れる。それもまた勝負の仕方である。
Posted by つちー at 2018年04月28日 07:01
状況判断で集中力を高めることができたら、自信に繋がるように思う。集中力の継続ができないと判断ミスにも繋がる。集中力と自信は密接な関係があると思う。
Posted by スポG at 2018年04月29日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。