2018年05月19日

不安に打ち克つ

試合に勝てるかどうかなんて分からない。明日の命だって分からない。分からないから不安とも言えるが、分からないからこそ楽しみとも言える。結果が約束された試合に、寿命が予め分かる人生に何の楽しみがあるだろう?分からないからこそ未来に希望を抱いて今を全力で生きられるのではないか。分からないことへの不安を楽しみに変えていけるのかどうか。未来は約束された決められているものと考えるのではなく、未来は今の自分の生き方が積み上がり作り上げられていくものだと考えていく。分からないからこそ、夢も描いていけるし情熱も燃やしていくことができる。不安な気持ちに打ちのめされるのではなく、それに打ち克って前に未来に向かって突き進んでいけることは実は苦しみではなく楽しみなのだ。そのことに気づけるかどうかは人生を生きていく上では大きい。明日どころか数秒先さえ分からないのが人生なのだから。
posted by Takahata at 00:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうなるかわからないのは不安であると同時にワクワクもする。ただ自信をもってやれたかどうかで変わってくる。この先どうなるかわからないが自分のやりたいこと、やるべきことを全うすればいいと思う。
Posted by つちー at 2018年05月19日 08:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。