2018年05月27日

遊び心を

遊びはあるものでもなければ、用意されているものでもなければ、定義されているものでもない。作り出していくもの。想像力と創造力を発想力を駆使していくもの。そこから新しい遊びは生まれていく。ただ道を歩いていても遊べるし、何もない河原でも遊べる。小学生の頃は何がなくても、どんな場所でも自由自在に遊ぶことができた。木の枝でも石ころでも楽しめた。一人でも遊べたし、大人数でも遊べた。虫取も、木の棒や針金をどっかから見つけてきて、蜘蛛の巣で虫取網の完成。お小遣いが足りなければ、欲しいものは作り出せばいい。お金なんかなくても心底楽しく遊べた。今の時代だからこそ、逆にスポーツであれ、仕事であれ、そんな遊び心を大切にしていきたいと思って日々を生きている。こうでなければならないなんてことは、本来は何一つないんだから。ないからできないなんてことは、つまらない言い訳でしかないんだから。自由自在に自分自身の楽しみを形にしていきたいと思っている。
posted by Takahata at 00:42| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遊びは作り出すものだと思う。金が無くても毎日遊んでいた少年時代。毎日楽しいことがしたくて考えて色んな遊びをした。遊びは年齢など関係なく自らが生み出していくものだと思う。
Posted by つちー at 2018年05月27日 06:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。