2018年07月10日

意識を捨てる

よく、人は人に対して「あの人は凄い!」なんて口にするが、僕個人は世の中に凄い人も凄くない人もいないと思っている。人は個々で何かをしている。その何かにマスメディアが光を当てれば、それが凄く映るだけのこと。サッカーのJリーグだって、プロ化する前の昔は光が当たらず、観客なんてほとんどいなかった…自分は特別なんだ!という意識は人の目を気にさせたり、要らない重荷をどんどん背負うことになっていく。サッカーでいうなら今も昔もサッカーはサッカーだし、サッカーをするということそのものも今も昔も変わらない。サッカーが好きなら光が当たろうが当たるまいが、好きなサッカーを全力でやればいい。ただそれだけのこと。特別な意識なんて必要ない。
posted by Takahata at 00:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分が好きなことを純粋に楽しめばいい。変に意識する必要もないし好きなことのレベルが上がれば見る人も増えるから好きなことを純粋にやることが大切。
Posted by つちー at 2018年07月10日 06:46
強く共感する。自分が居て、メディアがある。メディアや人の目の為に競技をやっているとしたらそれは違う。自分の気持ちが一番でその後に自然とメディアや周りが寄ってくるだけ。余分な意識は返って技術を高める過程の中で集中力を欠けさせる要因になりかねない。
Posted by スポG at 2018年07月10日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。