2018年10月06日

若い頃は…

若い頃なんて、転びそうになるくらい前のめりに進んでみるのもいい。転ぶ痛さよりも、前に突き進む感覚を大切にできたらいい。転んで痛みを知ってもさらに前のめりで進んでいく。転んだ痛みにも本当は耐えられるし、立ち上がり前に進む力が若さにはある。慎重にいくのは年を重ねてからでも充分かも…若いうちから失敗を恐れてビクビクして生きるのではなく、どんどんあらゆることに挑戦をしてほしいと思う。無茶するなよ、と言われるくらいにガツガツ進んでも面白い。小さくまとまる必要なんかない、それこそ若いうちは七転び八起きでいい。自分自身を大きくしていくためにも。
posted by Takahata at 00:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分は結構無難に行くほうだからもっと冒険してもいいと思う。あとでやっておけば良かったと思うのも遅いし常に今が勝負だと思って思い切って生きたい。
Posted by つちー at 2018年10月06日 05:12
もし身体に無理がきくのならば、年齢が上がっていくのなら挑戦する気持ちも一緒に上がっていきたい。保身的になるよりも、新しいことを得ることを楽しんでいく人生でありたいと思う。
Posted by スポG at 2018年10月06日 20:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。