2018年10月14日

打たれ強さ

勝ち抜く粘り強さも大事だが、負けて立ち直る強さはもっと大事。勝負は勝ったり負けたりの繰り返し…その中で負けて立ち直れなければ負けが続いてしまう。打たれ強さ。踏まれても踏まれても葉を伸ばして花を咲かせる雑草のような強さ。負けてなお、なにくそ!と更なる高みを目指せる強さ。そもそも、勝負事というのは互角の実力を持った者同士であれば大きな連敗や連勝なんてないものだ。基本は勝ったり負けたりの繰り返し…負けて凹んで次も負けてさらに凹んで…を繰り返していては勝負にはならなくなる。負けてなお、自分自身の中に揺るぎない自信を持って立ち向かっていける強さは本当に大切だなと感じる。負けても負けても次には胸を張って立ち向かっていける強さ。そんな強さを心の根幹に作り上げていく。負けたから終わりでもなければ、勝っても終わりではない。生きている限りは勝負の連続なのだから。
posted by Takahata at 00:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝ち負けも大事にしたい。何よりも自分自身に負けないでありたいと思う。そして、心と身体はいつも一致していたいと思うから、身体により意識をおいて、身体の変化なども自分でより把握していき、結果として勝つことをしていきたいと思う。
Posted by スポG at 2018年10月14日 22:19
負けて終わりではない。辞めたら終わりだと思っている。だから勝っても負けても分析は必要。次の勝負に備えて常に準備する。
Posted by つちー at 2018年10月15日 07:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。