2018年10月19日

予習と復習

練習は勉強と同じで予習、復習が大切。練習時間だけが練習ではない。プラン、ドゥー、シーを丁寧に繰り返していく中で初めて練習効率は高くなる。課題も反省もない練習は…それは練習に行ったに過ぎない。限られた練習時間を最大に活かしていかなくては、なかなか上達には結びつかない。勉強だって同じだろう。余程の天才でもない限り、机に毎日座っていて成績が上がる人はいない。スポーツであれ、勉強であれ、仕事であれ、上達をグングンしていく人は人知れず地道に準備を積み重ねている。それは特別なことではなく普通に日常的に。当たり前のことを当たり前にしていくことが何よりも上達への一番の近道だ。予習、復習は頭を使って考えること。考えて物事に取り組まなければそれは単なる行き当たりバッタリになってしまうだろう。丁寧に丁寧に磨きをかけていくことの大切さを痛感する。
posted by Takahata at 01:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何をやるのか決めて実際にやってみてどうだったのか。それがなかったら面白くない。答えを導き出すためにやっているのだから道筋を立てないのどこに向かっているのかわからなくなる。
Posted by つちー at 2018年10月19日 07:54
トレーニングも体幹も含めて全部見直して、1からやり直している。そして、それを分析しノートに記録で残す。頼まれたことも、予習(ここでは準備)を綿密にしているからこそ、予期せぬ状況でも何とか対応できるのだと思うし、自分の気持ちのゆとりを作る為に絶対に必要だと思う。そして、それを振り替えるものがあるからこそ、質を高めていけると思う。自分も強く強く共感する。
Posted by スポG at 2018年10月19日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。