2018年10月25日

上手な付き合い

できないプレーがあるのは、悲観的なことではない。できるようにしていけることを楽しめばいいし、できないことは自分の伸びシロでもあると期待感を持てばいい。競技を続けていけばどこまで行っても、次々にできないことだらけなんだから。自分の中で成長を楽しんで競技に取り組んでほしい。できない、できないと悲観的になっていたら、どんどん嫌になるし、やる気もなくなっていってしまうだろう。下手をすると自分は向いていないんじゃないかと自分が自分自身を疑い始めてしまう。スポーツに限らず人間なんて生きてる限りはできないことの連続。できないことは次々に出てきて、できないということとは永遠の付き合いなんだから、楽しく付き合っていった方が遥かに前向きだと思う。
posted by Takahata at 01:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
できないことと向き合うこと、目を背けてしまうことどちらも人生。どちらも正解だと思う。人生のほとんどはできないことだができることを増やそうと思えばいくらでも増えていく。それもまた人生の楽しみ。
Posted by つちー at 2018年10月25日 08:21
できないことから逃げることは簡単。そして、逃げることを覚えたら、向き合うことより逃げることを先にしてしまうだろう。それで自分が心から納得すれば良い。自分はそんな自分に納得できない。だから、自分の好きなことややらなければいけないことはやり、できないことには少しずつ向き合っている。周りはバカにしたりちゃかしたりするが、できるようになるとサーッと引いていく。周りが子供のようにさえ感じる。
Posted by スポG at 2018年10月26日 16:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。