2018年10月26日

成果

成果とは質×量。つまり質がマイナスであれば、量をやればやるだけマイナスは大きくなる。これでは、流した汗に平気で裏切られてしまう。反対に質がプラスで質が高ければ高いほど、×量のプラスは大きくなる。質は頭を使い、量は身体を使う。そのどちらも活用できなければ成果は上がらない。流した汗を成果へと繋げていくためには、それこそどれだけ頭を使って質を高めていくのかに関わってくる。日本的には人よりもたくさん量をやれば上達するという思考が強く、いまだに身をすり減らして量をやろうとするが…質を問わず量ばかりに意識が向くとやればやるだけマイナスが倍速していく危険が高まっていく。本当にどれだけ丁寧に質を高めていけるのかはとても重要な要素になってくる。せっかく流した汗を無駄にしないためにも、身体にかけた負担を成果に結びつけていくためにも頭をフルに活用していかなくてはならないだろう。どうせやるなら成果に繋げていきたいものだ。
posted by Takahata at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっている練習が試合で発揮できるかがポイントとなる。素振りならただブンブン振るのでなく投手をイメージして投げてくる球をどう打つか考えながらふれば試合に出たときは練習に近い感じで振ることができる。意識の仕方で同じ練習でも全く違うものになる。
Posted by つちー at 2018年10月26日 05:17
そう思う。自分が合ってると思っているものは間違いの思い込みや気持ちでそう思っていることも多い。自分は今食事も完全に見直さないといけないと感じ、食事も変化させている。気持ちと身体に合った質×量で成果を出していきたいと思う。
Posted by スポG at 2018年10月26日 16:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。