2018年10月28日

大人の挑戦

子どもの頃は七転び八起き。失敗を恐れず立ち向かい、失敗してもすぐに挑戦する。悔し涙を流しながらもひたむきに立ち向かっていく。失敗する怖さより、成功する喜びが勝っている。というより、失敗なんて恐れてなかったはず。そんな子どもの頃の思いをいくつになっても大切にしていたい。大人になるというのは怖さを知ることだとよく言われるが…怖さばかりが先立ち身動き一つ取れなくなるような寂しい大人にはなりたくはないと感じる。子どもの頃のように失敗しようが次にまた平然と挑んでいけるような大人でいたいと思う。これは意識しておかなければ日常での様々な失敗から人はどんどん小さくなっていってしまう。身体ばかり大きくなるが、心はどんどん小さくなっていってしまう。それでは大人になることはつまらないことではないだろうか。大人になった今こそ、どんどん挑戦していけるのだから。
posted by Takahata at 00:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どちらも経験した。挑戦する気持ちが小さくなるとつまらない。たくさん失敗してそれと向き合って越えたときに人間として強くなれる。
Posted by つちー at 2018年10月28日 07:18
考え方の深さをより追求することを今も来年以降もメインの課題にしていこうと強く感じる。今年までは苦手なことに向き合う自分にしようとやれないこと、やりたくないことに向き合い挑戦し、克服や成功してきた。今度はもっと根本的な所に向き合い、また自分に課題を設けて達成までの道筋を立てていきたい。自分は若い時より、怖さも知ってるからこそ今がとても楽しいと胸を張って言える。
Posted by スポG at 2018年10月28日 08:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。