2018年10月29日

素直さとは

木の幹は一本の筋が通っているけど、その幹は根が吸い上げた栄養分によって形成されている。人間も一本筋を通すことは生きていく上で大切なことだが、様々な栄養を素直に耳を傾ける素直さも大切に思う。そうしなければ、やはり自分自身の人間としての筋や豊かさを大きくはしていけないのではないだろうか。素直さと何でも、はい!はい!言うイエスマンとは違う。素直だから他人の影響を受けすぎて自分を見失うというのも違う。素直さとは他人の言葉を素直に受け止めてしっかりと自分の中で咀嚼して栄養にしていけることのような気がする。
posted by Takahata at 00:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうやって自分の中に取り入れるのかまた全く受け付けないのかはまず聞いてみてから。色んな角度から聞くことで自分の為になることは結構多いと思う。
Posted by つちー at 2018年10月29日 07:30
素直さは必要。見習わないといけないと感じる。先ずは自分の考えや意見は『絶対に合っている』という、その頑固さやわがままを自覚して、相手の話を聞き入れることに意識を向けなくてはならないと感じている。自分もしかり、相手に理解させるというのも容易ではないが、先ずは自分が変わっていかないといけないと思う。
Posted by スポG at 2018年10月29日 17:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。