2018年11月02日

逃げ道を

部活をやっていると、何度か辞めてしまいたくなることはあるだろう…そんな時こそ、明日は辞めようと決めやり抜く。次の日も明日は辞めようと。逃げ道を敢えて用意することで、踏ん張り抜けることもある。逃げ道がなくなると心は窮屈になる。いつでも辞められるという心の余裕が結果として逃げずにやり抜ける原動力になることもある。逃げ道は逃げてしまえば逃げ道になってしまうが、逃げなければ逃げ道にはならない。辞めることが許されないとなると精神的にどんどん追い詰められて苦しさや辛さをどんどん強く感じていってしまう。心の余裕はいつも大切になる。これしかない、ではなく、たくさんできることの中からこの道を選択しているという方が瀬戸際感なく打ち込んでいけたりもする。逃げてもいいんだという余裕が一日一日を踏ん張る力を与えてくれて、そのうち辞めたいという感情も自然に消えていったりする。逃げて辞めなければ逃げ道ではないのだから。敢えて自分を追い詰め過ぎないのも長く続けていける秘訣かもしれない。
posted by Takahata at 00:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
逃げるが勝ちという言葉もあるがあながち間違いではない。辞めてしまったら終わりだが続けていればなんとかなる。多少逃げてもまた戻ってくればいいし色んな道を持っておいた方がいいのではないかと思う。
Posted by つちー at 2018年11月02日 10:16
辞める辞めないの波はあると思う。チーム内の良い悪いの波に流されてしまうと、より複雑になる。己の弱さにどれだけ向き合えるかだと思う。自分を持ってないとプレーも普通になってしまう。自分を見失わないことが大事であり、そこに戻れる逃げ道があるのであれば、一次的なら良いと思う。
Posted by スポG at 2018年11月02日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。