2018年11月25日

引っ張り上げる

人間誰もがいつも調子がいいということはない。また誰もがいつも調子が悪いということもない。調子の悪さというマイナスのエネルギーは仲間をその渦に引き込んでいきやすい。だからこそ、調子の良い人は必要以上にプラスのエネルギーで仲間を引き上げていく姿勢を示さなくてはいけない。ましてやそもそも影響力のある人間の不調の時のマイナスエネルギーはかなり大きなものがある。そのマイナスの連鎖に引き込まれてしまわないように調子の良い人は必死にプラス方向に引っ張っていかなくてはいけない。その先に調子が良い人も不調になる時がある。その時には今不調で苦しんでいる人が立ち直って、今度は逆に好調のプラスエネルギーでグイグイ引っ張る。組織内でこのように交互に助け合っていかなくては、みんながマイナスに陥り不調の伝染が起こってしまう。プラスに引っ張るのは大変だが、それは好調の誰かが先陣を切ってグイグイいくしかない。元気と明るさで。
posted by Takahata at 00:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
落ち込んでいるときに引っ張りあげてもらったことはたくさんある。人間いつもいいときばかりではない。いいときはいいが悪いときにどうするか考えたときに悪ときの質を上げれればいいんじゃないかと思った。なんとかなる方法がいくつか作れたときに少し余裕ができた。
Posted by つちー at 2018年11月25日 09:12
そう思う。不調の流れは見えないけれど広がっていってしまう。だから、好調で引っ張っていける人になりたいし、不調の時には何とか脱したいと感じる。自分の当たり前と思っている考え方を違う角度から客観的に見ていきたい。
Posted by スポG at 2018年11月25日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。