2018年12月03日

心の求めに

やれるかどうかを考える前に大切なのはやりたいかどうか。やりたいかどうかは心が求めるもの。やれるかどうかは、やるための手段。心が強く求めるならやると決めればいい。やる!と決めれば、できるようになるための手段を考えて地道にやり続けていけばいい。頭の前に心の声に素直に耳を傾けてみる。頭で考えてしまうと、難しそうだから…不可能だから…やり方が分からないから…失敗するかもしれないから…と一歩も進んでいけなくなってしまう。心で求めるものに蓋をして見ないように見ないようにして生きていかなくてはならなくなってしまう。正解か不正解か、成功か失敗かではなく、心はそれをやりたいと欲しているなら自分自身のためにも、一度きりの人生を挑戦していってみるのも人生の豊かさのような気がする。やりたいことをやれる人生を選択できるような生き方。頭はそれを実現するための手段を考えるために使っていけばいいように感じている。大切なのはやる前から頭の中でブレーキばかりかけないことかもしれない。
posted by Takahata at 00:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心の声に逆らってはいけない。我慢することは大切だが心の声に対して素直に受け入れてやらないとどんどん苦しくなっていく。周りの反応とかではなく自分自身の反応を大切にしてあげたい。
Posted by つちー at 2018年12月03日 13:38
年齢と共にブレーキは強く、そしてかかりやすくなるように思う。自分はそうありたくない。できないことへの恥じらいより、やってできなくて恥じらいを感じる方が良いし、恥じらいはできるようになったらすーっと消える。できないことを隠すより、できないからそれをできるようにする過程が苦しくも楽しくもある。そして、本当に自分が求めていた、心から求めるものだと感じられれば、それが一番だし、自分を進化させていく楽しさを自分で消したくないと感じている。
Posted by スポG at 2018年12月04日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。