2018年12月04日

心震わされる

DSC_0585.JPGDSC_0592.JPGDSC_0592.JPGDSC_0594.JPG先日、冬の風物詩でもある伝統のラグビーの早明戦を観戦してきました。伝統の一戦に相応しい白熱した激戦で結果は31対27で早稲田大学の勝利。明治大学の最後の最後まで決して諦めることなく粘って喰らいついていく姿勢に心を打たれました。残り時間が僅かになって厳しい状況の中で、それでも懸命に前へ前へと進んでいこうとする姿勢。プレーが切れるとノーサイドのホイッスルが鳴る。それだから、ボールを絶対に切らせないように大切に繋いで、繋いでいく姿勢。両校共に母校の誇りを背負って、試合に出ることのできない多くの部員の想いを背負って、激しいタックルの応酬でした。大学スポーツの素晴らしい姿に触れて久しぶりに心が強く震えました。
posted by Takahata at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スポーツには人に喜びと感動を与えられる。そういう立場にいることに自分自身を讃えたいと思う。さらにそこで満足しないで自分のできる限りのことを尽くしていきたいと思う。
Posted by つちー at 2018年12月04日 09:50
選手達の本気の戦いを間近にすると、見ている方も心が震える。本気で戦うからこそ、面白さがあり、試合展開も、現場の緊張感もお互いを讃え合うこともできるのだと思う。自分ももっともっと心は熱くありたいと思うし、そういう1選手でありたいと思う。
Posted by スポG at 2018年12月04日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。