2018年12月05日

数年間

たった数年しか本気でできないのなら、その数年はがむしゃらに取り組んでいきたいものだ。数年なんて過ぎたらあっ!という間の時間。しかも手を抜いた過ぎた時間は大きな後悔を残す。できる時にやらないで、いつやるのか…過ぎたらやりたくてもできないのだから。日々全力で取り組んでいきたい。数年…一日一日は長いだろうし、数年先を考えると苦しかったり辛かったり、あまりに長い気がして漠然としてしまったりするかもしれない。そんな中では、あまり先々を見たり考えたりせずに、その日一日をいかに充実したものにできるかを考えた方がいい。そんな一日一日を積み重ねて数年を過ごしていけば、密度の濃い充実した数年を過ごしていけることになるだろう。
posted by Takahata at 00:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分と競技の関係が近いと“普通”や“当たり前”になる。自分の今回の大会出場は、ドクターストップがかかっていたが、自分は競技をする上で覚悟し臨んだ。結果は良かったが、覚悟が無ければ出場すらできなかったと思う。結果を出す、自分の可能性、自分の弱さと向き合う。その3点を覚悟していたからだと感じる。生死が関わっていないから本気にならないのなら、そういう覚悟を持つことや危機感を持つことは誰にでもできるのではないかと感じる。
Posted by スポG at 2018年12月06日 00:12
今しかできないことは今やらないとダメだ。やらないと後悔しか残らない。無理してやった時もあったが後悔はしてないしそれがあったから今があったと思っている。今が勝負!
Posted by つちー at 2018年12月06日 07:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。