2018年12月21日

夢のあとさき

2000本のヒットを打つ。その1本、1本にはファンの歓声や称賛があった。しかし、その裏には少なくても6000本以上の凡打がある。これにはファンの落胆や罵声があった。達成した数字よりそれを乗り越えてきた強さを信じたい。打ち克ってきた精神力を讃えたい。そんな1打席、1打席の積み重ね。自分自身と明日を信じる力。人間には自分の力ではどうにもできないことがある。そんな時に風向きが悪くても黙して自分自身の進むべき道を貫いていく。自分を信じて道を貫いていけば必ず風が味方してくれる時はある。風に振り回されるのではなく常に自分の生き方を貫く。それが明日の風を作る。良いことばかりではない。いや、人生は悪いことの方が多いのかもしれない。ヒットの数より凡打の数が多いように。それでも気持ちを切らさずに黙々と日々を積み重ねていくことで、なにがしかを達成していくことができるのだと思う。日々はどんな風が吹くかは分からない。しかしどんな時でも自分の姿勢を貫いていくこと。
posted by Takahata at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でかい夢を目指すならそれだけ失敗がつきものだ。たくさんの失敗は人を大きく強くする。だから失敗を恐れず思いきりやればいい。積極的にやったことは後で必ず生きてくる。今が勝負の積み重ね。
Posted by つちー at 2018年12月21日 07:44
そう思う。自分で決めたことだから、自分の気分でやるかやらないかを決めてはいけない、感情で正しい判断ができなくなることだけは避けたいと考えている。だから誰に言われなくても黙々とやる。全ては自分の弱さに打ち勝つため。
Posted by スポG at 2018年12月21日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。