2018年12月25日

開花まで

開花。この一瞬に一気にエネルギーを爆発させるような咲き方。でもこの一瞬のために、草木は花が散ってからの一年間、この瞬間のために、葉を広げ、根を張り、葉を落とし、寒い冬も準備を地道に進めてきた。エネルギーを溜め込んで。地味な準備があればこそ、花も咲かせられる。花を咲かせたい、咲かせたいでは、想いはあっても咲かせるだけの力がなければ咲かせられないだろう。中途半端にちょこちょこと一年中花をつけていても、これだけ満開の花は咲かせられないだろう。葉を広げても誰も見向きもしない。土の中で根を張っても誰も気づきもしない。誰かに注目はされなくても、自分のやるべき準備を地道に積み重ねていけるからこそ花を広げられる。美しい花には一年間の地道な時間が集約されている。だからこその美しさでもあるように感じる。
posted by Takahata at 00:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
輝くのは一瞬だがそれまでにどれだけ根を張れるかで変わってくる。地味な練習も多いがそれがなぜ必要なのか理解してやっていけばそれはいつか花開く。それがいつになるかわわからないが辛抱強くやっていく必要がある。
Posted by つちー at 2018年12月25日 05:36
自分もそうでありたいから、地道に地道に練習する。そして身体の変化に気付いて対処するその繰り返し。まだまだ可能性があると信じているからこそ、結果に繋げていく。
Posted by スポG at 2018年12月26日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。