2019年01月05日

自分磨き

DSC_0413.JPG野球のグラブもそうだが、練習後には土を丁寧に落として、オイルで丁寧に磨いていく。そうするとだんだん味が出てくるし、輝きを増していく。そうするとグラブへの愛着が強くなっていく。自分だけのグラブになっていく。そんなグラブだから打球が飛んできても信頼して捕球しにいける。そんなことをしている選手のみんなに問いたい。同じことを自分自身に対してやっていますか?と。自分自身をグラブに置き換えて考えてみてほしい。自分磨きは、自分自身に対してしっかりとそのような姿勢を持てている人が初めてできること。自分自身を雑に扱ったり、自分自身を放っぽらかしにして意識を自分自身に向けられていなければ、絶対にできない。自分自身に愛情も持てなければ、自分独自の味も作り上げてはいけなくなる。それは自分の心身共にだ。このグラブで戦おう!とするように、この自分自身で戦おう!と思える信頼できる自分自身というパートナーを磨きあげていくことはとても大切なことのように感じる。
posted by Takahata at 01:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
己の体も道具である。それは手入れをしてやらないといけない。磨くということは生きていくためには必要なことだ。
Posted by つちー at 2019年01月05日 08:15
強く共感する。自分の身体や心のメンテナンスができていない人は、競技や仕事でなかなか結果を出せないと思うし、今出せていても長くは続かないと思う。無意識でもその影響は必ず出ているし意識して出てくることもあると思う。身体に意識を向け、心だけが突っ走ってしまいそうになるのを止めて、身体と心の距離や差は無い方が良い。
Posted by スポG at 2019年01月05日 16:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。