2019年01月08日

挑戦状

あと数キロのスピード、あとコンマ数秒の時間、あとほんの数センチのために、数年という時間をかけて日々取り組んでいく。数字に表せば小さな数字。でも選手には大きな壁。その壁を乗り越えるための毎日。全身全霊を込めて真摯に向き合う。自分自身への挑戦状。叩きつけた以上は妥協は許されない。人は進化を求めていきていきたいものだ。他人には分からない、あるいは他人から見ればたかだかそんなものにと見える大きな壁をとことんまで追い続けていく。小さな一歩かもしれないがそこに近づくこと。壁はみんな違うかもしれないが壁に向き合う姿勢は変わらない。頭に身体に思い切り汗を流す。一分の妥協でも許してしまえば、数センチ、コンマ数秒なんて数字はどうでも良くなっていく。まあ、いいじゃん、いいじゃんになっていく。どれだけ真摯に向き合えるか…それは壁を越えたかどうか以上に自分が自分自身の姿勢を試す時間なのかもしれない。決して簡単ではないが、決してできない不可能なことでもない。
posted by Takahata at 00:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
細かいところまで己と向き合う。ライバルは己であり敵は己である。常に自問自答しながら己に挑戦していかなければならないと思う。
Posted by つちー at 2019年01月08日 07:22
時間や数字は指標になるし、苦しくなることもある。現実として受け止めなければいけない。うまくなりたいと思えば思うほど、高みを目指していくことはごく自然だと思う。健康の為にと緩くやることも心の栄養に必要かもしれないが、本気で取り組んでいるならば、今よりも良い時間や数字をたたき出していくことが、自分の可能性をも上げていけると思う。自分は本気で挑みたい。
Posted by スポG at 2019年01月08日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。