2019年02月02日

命令とアドバイス

アドバイスは、された方にやるやらないの選択肢がある。命令はやるしかない。アドバイスには相手に対しての尊敬や相手の権利も視野に入っている。しかし命令は否定から入っている。命令では表面的には従順に動いてるフリはするが…やはり人は自分の意志で心から動かなければ本当には身につかない。恐怖をチラつかせて命令して人を強制的に動かせることはできてもそれは真に動いていることとは違うだろう。やはりアドバイスをして本人の選択と意志に任せていかなくてはならない。自分に必要だからやっていこう!と思えば人は自然に動くのだから。人を育てていくというのはそういうことのような気がする。
posted by Takahata at 01:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その人に必要なことを命令してやることも大切なのかもしれない。自分の意見を押し付けるのでなく相手に必要なことを押し付ける。以外に自分で自分のことがわからないってことがあることがある。でもお互いの信頼関係がないと難しい。
Posted by つちー at 2019年02月02日 09:37
そう思う。アドバイスは積極的に行いたい。選手に答えを教えるのではなく“考えるヒント”を教える存在でありたい。指導者が何気なく行っていることを今一度、見つめてみるのも良いかもしれない。
Posted by スポG at 2019年02月02日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。