2019年02月19日

自分に対する信頼感

『名こそ惜しけれ』武士が口にしていた言葉。自分という名の存在に賭けて、恥や卑怯と感じる行動や薄汚い嘘はつけないという意味。そんな自分自身との約束事で自分を律して、その言葉に自分の心を従わせる。誰の目でも世間体でもなく自分が自分自身を信頼するために。自分いかなる時でも自分自身を裏切らない信頼感。誰のためでもない自分自身を律することで、それが社会的な規範になるならそれでいい。誰も見ていなくても自分は自分自身をいつも見ている。誰かを上手に誤魔化せても、自分自身は誤魔化せない。
posted by Takahata at 00:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分からは目を背けられない。自分は自分であり一番近い他人だ。二人の自分が納得のいく形をとることがベストだと思う。
Posted by つちー at 2019年02月19日 06:49
自分自身が心も考え方も様々な面で強くなる為、トレーニングして大会に出る。全ては結果を出すために、毎日やる。欠かさない。心も身体も毎日違う自分だから、こそ毎日やる。それが最終的に人に良い影響を与えられれば本望。人や周りは関係ない、自分を信じ、自分の為にやる。
Posted by スポG at 2019年02月19日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。