2019年02月23日

出し惜しみせずに

自分の技術を出し惜しみせずに教えてあげられる選手は伸びる。そんな選手は今の自分よりも明日の自分が必ず進化している。いつまでも今の自分の位置に踏み止まらずさらなる高みを目指している。教えることで仲間が伸びれば、さらなるレベルの高い競争ができることを楽しめる。ケチケチせずにいきたいものだ。ケチケチして今あるものを懸命に守っている限りは絶対にそれ以上の高みは目指してはいけない。誰かに教えることで頭の中が整理されたり新たなるヒントが見つかったりもする。守ることは同時に可能性を失うことでもある。自分のさらなる進化を足止めしていることでもある。レベルの低い競争からは何も生まれない。現状では仲間よりも少し優っているというつまらない優越感だけ。そんなことよりもまだまだ進化していく自分自身を信じて、つまらない出し惜しみなんかしないで生きていきたいものだ。出して出してその分だけどんどん入れていけばいいんだから。
posted by Takahata at 00:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宝の持ち腐れではないが持っているものは出していかないと次に新しいものが入ってこない。自分が上手くなりかつチームの力をアップさせるには技を伝えることが大切。
Posted by つちー at 2019年02月23日 08:46
まだ自分の中に出し惜しみする自分が居たりする。それを感じている自分は『大人げないなー』と感じたりする。人への嫉妬も含まれているのだと思う。まだまだ自分は小さいと感じる。もっと心を広くありたいと思う。
Posted by スポG at 2019年02月25日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。