2019年02月25日

目指す一歩

上を目指すのは大切。でも上ばかり見て足下に意識を置けなければ、足下でつまずいたり、足が止まったりしてしまう。歩みを地道に進めていけば、結果として上にいたりする。一歩一歩は小さくても歩を地道に進める。それこそが上に辿り着く一番の近道だったりする。見ているだけでは上には行けない。上を目指してくことそれ自体は決して悪いことではない。ただ、上を見すぎる余りに上に潰されてしまったり、圧倒されてしまったり…それで歩が進まないくらいなら、むしろ上を見ずに目の前のことに一歩一歩の歩みを進めていくことに集中していくのもありのような気がする。そして、ふと気づくと自分はこんな上まで来ていたんだという感覚。上を見据えて歩を進めるのがいい人もいれば、目先の一歩に集中した方がいい人もいる。どちらにも大切なのは確実な一歩を積み上げていかなくては、到底上には到達できないということ。しかし、逆にそれさえできれば上に上がっていけるということでもあるのだ。
posted by Takahata at 00:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上を向いて歩くことは大切なことだが確実な一歩目踏み出すには足元を見ること。確実に一歩ずつ進んでいけば必ず目標にたどり着ける。
Posted by つちー at 2019年02月25日 07:05
自分は先を見ながらも一歩一歩の歩みを続けている。高みを前向きに目指す所として、考えられる時もあるし、そうでないところもある。しかし、歩んでいくことで進んだ距離を振り返ることができるから、前に進む。
Posted by スポG at 2019年02月25日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。