2019年04月12日

レベル上がれば

選手はレベルが上がれば上がるだけ失敗のレベルも上がる。人間は基本的に失敗はする。そうすると、失敗を否定している限り、どこまで高いレベルになっても自分を否定するしかなくなる。昔は、何かスポーツを始めた当初はレベルも低く、失敗レベルも低かったはず。それがどんどん失敗しないようになる代わりに、失敗レベルも高くなる。つまり、引き算的な自己評価でいけば、どこまでレベルが高くなっても、自分は失敗してしまうダメな選手という否定的な評価になる。それだったら、レベルが高くなる度にできるようになったことを足し算的に評価していきたい。自己否定と自分に厳しいというのは似ているようで、まるで違うことだ。
posted by Takahata at 00:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レベルを上げていく中では失敗とも付き合っていかなければならない。失敗をしてもいい。それを生かせば!その中で成功を掴みとる。
Posted by つちー at 2019年04月12日 03:02
自分の力をまだまだ…と思っている。否定と厳しさが半分半分。どうしても綺麗なものや楽なことに惹かれてしまう脆さと鞭をうつ自分もいる。そんな思いと試行錯誤の練習をしながらでも、競技で結果を出したいと思うから、芯はぶれない。
Posted by スポG at 2019年04月12日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。