2019年04月17日

ミスした時に

試合でミスした時に暗く落ち込んだ顔をしない。下を向かない。チームメイトから自分を切り離さない。消極的にならない。ミスした時には大きな元気な声でみんなに謝り、笑顔で次は何とかするから!とチームメイトを見渡す。いつも以上に溌剌した積極的なプレーを心掛ける。暗い雰囲気を伝染させない。ミス以上に重要なのは、自分自身のミスの連鎖を防ぐこと。チームに悪い雰囲気を広げないこと。それができれば自分もチームメイトもそのミスくらい取り戻せるくらいの力があることを信じること。試合は止まっていない。試合は終わってはいない。であるなら、一つのミス以上の致命傷を自他共に与えないことが大切になる。
posted by Takahata at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミスはつきものだ。それをどうカバーするかが大切である。ミスしてもみんなで次のプレーに目を向けていけばチャンス変えることはできる。ミスは引きずるものではなく次に生かすものだと思う。
Posted by つちー at 2019年04月17日 08:06
顔やお雰囲気を隠しているようだけど隠せてない。それを仲間に知らせることでプラスになるのかを考えてほしい。大事なのは【自分】を出すことではなく、未来であり、自分以上に仲間への配慮を考えなくてはならない。
Posted by スポG at 2019年04月22日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。